--.--.--     カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←感謝です♪

2011.04.04     カテゴリ:  写真 

   教訓

あるサイトの記事にこんな記述がありました。

「プロになれないアマチュアは設定に手間取りシャッターチャンスを逃す」

なるほどと思いました。

体裁にこだわってマニュアル(ISO感度やホワイトバランスなど)に固執するんですよね。
これぴったり私に当てはまります。

機材や設定よりも、その人の気持ちが写真には残ると思います。

なので慌てて撮った写真よりも、Pモード(プログラムオート)で撮影することで
チャンスを逃さず、気持ちの良い写真が撮れる。

5DMarkIIになってからはPモード使ってませんでしたが、設定の達人(メーカーのあらゆるテスト)と
思えば、それに頼るのもありかと思いますね。

Pモードで設定を確認し、絞り優先などで自分の発想を乗せる。
今度試してみよう♪

さて、今日はコンテスト風にタイトル付きで。

IMG_1803.jpg

『春うらら』

IMG_1810.jpg

『雉』

IMG_1823.jpg

『水上スキー』

コンテストのタイトルって難しいですよね。
人の感性がモノを言うのかも。
関連記事
スポンサーサイト
←感謝です♪








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
私はほとんど「Pモード」に」している事が多いですね。
ご存知と思いますが上部ダイヤルを回すと設定が変わりますのでファインダー内で確認して撮影しています。
ISO・WBはほとんどオート。なんせ「ド」がつく素人ですから(笑)
一番の桜、圧迫感が無くてこれいいねえ、
私も出先ではほとんどPのまま撮ってる、だってダイヤルいじると ろくなこと無いし(;´Д`)
スローシャッターとか開放とかは一度セットしたらずっとそのまま同じような被写体だもん。
WB、触ったことないわ(^^ゞ
訪問有難うございます。
『春うらら』いい感じですね。田舎を思い出します。
『水上スキー』 は「ケムトレイル」というものですね。
なにやら飛行機から撒いている様です。
飛行機雲ではありません。
> MB321さん
PモードってkissX3の時にいろいろ試した時以外は使用してなかったんです。
下手に設定いじるよりかは、素直に目の前にある光景を写したほうがいいですね。
今度から実践してみます♪
> kurokenさん

> 一番の桜、圧迫感が無くてこれいいねえ、
桜の木から見た枝をイメージしてみましたw

> 私も出先ではほとんどPのまま撮ってる、だってダイヤルいじると ろくなこと無いし(;´Д`)
> スローシャッターとか開放とかは一度セットしたらずっとそのまま同じような被写体だもん。
> WB、触ったことないわ(^^ゞ
確かに設定に足を引っ張られている時が結構あります。
あれ?おや?ってやってるうちにチャンスが・・あああ
> yanagittyさん
コメントありがとうございます!
ご勝手ながらリンクさせていただきますね。

自分の気持ちを素直に写真におさめる。
なかなか写真は奥が深く難しいですね。




プロフィール

リオ

Author:リオ
※リンクはフリーです。

閲覧ありがとございます。
※リンクフリーです。
(ただし、リンクはTOP画面でお願いします)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


あし@


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。